東京都民を対象にしたアンケート調査で静岡市のイメージを聞いたところ、
ベスト3は「お茶」「富士山」「サクラエビ」という結果になったそうです。

静岡市は「サクラエビ」への関心の高さに注目し、首都圏でのPRを強化する
とのことですが・・・個人的には ちょっと 微妙ですねぇ。

調査は、同市の何に興味を持っているかを探り誘客につなげる目的で
2月24日から3日間、市がインターネットで実施したそうです。
都内の20〜50代の男女 計約1000人から回答を得た結果とのことです。

「静岡市のイメージ」(複数回答)は、
1位「お茶」74.4%
2位「富士山」70.9%
3位「サクラエビ」40.0%
4位「みかん」34.5%
5位「ちびまる子ちゃん」31.7%

・・・正直「富士山」や「お茶」「みかん」ってのも 「静岡市」ってわけでもないし、
他県の方は 「静岡県」と「静岡市」の違いもよくわからないのでしょう。

まあ、「ちびまる子ちゃん」は清水市が静岡市になったので、今では静岡市です。

「さくらえび」も 本来は由比ですかねぇ。

「餃子」や「バイク」「楽器」とかは 「西部=浜松」だし

「サッカー」も最近はどうもパッとしませんね。

どちらかというと「タミヤ」の「ミニ四駆」とか「バンダイ」の「ガンプラ」をはじめとする

模型やおもちゃなんかは、相当自慢できると思いますよ。

意外と「駿河屋」さんのエーツーも浅間さんの古本屋発祥ですしね。

「静岡市に行ってみたいか」という質問には
「ぜひ行ってみたい」13.9%
「行ってみたい」29.4%
「機会があれば行ってみたい」43.7%
を含め87.0%が意欲を示したそうですが、
別に日本に「ぜひ行きたくない街」なんてそうそうないでしょうね。

「サクラエビ」は、市が有望な観光資源として期待しているみたいです。
「生のサクラエビを食べてみたいか」に対し

「ぜひ食べたい」45.1%
「食べたい」(37.3%)

と、82.4%が興味を示したそうですが、

これも「なんか新鮮そうだから 一度食べてみたい」と 誰でも答えるでしょう。
なんか、質問が「キムチ好きですか?」みたいな感じがするなぁ。

駿河湾は、国内唯一のサクラエビの漁場・・・・となってますが、
今、静岡でも「台湾産」のサクラエビ(っぽいえび)が売ってます。

ちゃんと「サクラエビは駿河湾産だけだよ!」ってやらないと、
芝エビ=バナメイエビ事件みたいになりかねませんね。

また、サクラエビは新鮮なものしか生食できないので
生のサクラエビは 県外ではあまり流通していないようですが、
もう「生しらす」を出す回転寿司屋さんもけっこうありますから、
需要があれば 今の冷蔵技術ならできるでしょうが・・・
そこまでして食べたいエビかというと、どうでしょうかね。

静岡市の担当者は
「昨年秋に実施した旅行雑誌などの記者を招いたプレスツアーでも
生のサクラエビは評判が良く、今回の調査によって裏付けられた」
と自信を深めた様子だそうです。。

「取れたての生は甘みがあって、トロッとした食感が楽しめる。
サクラエビを呼び水に、都内からもっと市に足を運んでもらえるよう発信を続けたい」
と意気込んでいるそうです。がんばってほしいですね。